2007年06月05日

元モー娘。加護喫煙を黙認したカフェオーナーの過去と人脈とは…



スポンサードリンク


 昨年2月に続いて2度目の“未成年喫煙”を週刊誌に報じられて所属事務所を解雇された元モーニング娘。の加護亜依(19)。
16歳年上のカフェオーナーと温泉旅行に出かけ、帰りの車中でプカプカ吸っていたのが発端だが、そもそもこのオーナーとは、どんな素性の人物なのか。

 最近は、東京・渋谷のカフェ「Soma」のオーナーとして知られていた石本靖幸氏(35)。
同店は、グラビアアイドルや女優らが集うパーティーが開かれる会場としても知られ、同店に出入りするアイドルが加護を連れて行ったことが、石本氏との出会いのきっかけだという。

 「彼の人脈の広さは有名で、レオナルド・ディカプリオやブラッド・ピットとも知り合いだ、と豪語していた。
ニックネームは『ゲッチュー!』。
風貌は、ヒゲをたくわえて、短髪のときはプロレスラーの蝶野正洋を優しくした感じ、ロン毛になるとリリー・フランキー似。コワモテってことはなかったな」(飲食業者)

 10年前は別の顔も持っていた。
何度か仕事で接触があった風俗ライターが明かす。

 「風俗店を転々としていたことがあり、渋谷の有名マンションヘルス『カリペロ』を経て、『テッシュ』って店では店長を任されて、有名AV女優も在籍していたな。ノリが良くて、風俗業界にありがちな怪しげなところはなかったよ」

 加護とのツーショットを週刊誌に直撃されたときのように、デボネアなどクラシックで大きい車が趣味。
金回りについては、「渋谷に“風俗バブル”が吹き荒れた90年代に風俗業界にいたってことは、ひと財産稼いだのではないか」と別の飲食業者が語る。

 関係者によると、石本氏は東京を離れ、友人の電話にも出なくなったという。
事件後、石本氏と話した人物によれば、「(加護に)悪いことをした」と深く反省していたとも。
ひとりのアイドルを葬り去った“責任”は、どう取るのだろうか。

あーあ周りにいた大人が悪かったわねえ。。。
posted by ネタパラ日記 at 15:58 | 面白ネタ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。