2007年06月18日

氣志團:綾小路翔が“超厳戒”挙式



スポンサードリンク


 ツッパリロックバンド「氣志團」の團長、綾小路翔(年齢非公表)が16日、昨年12月に結婚した一般の女性と都内で挙式・披露宴を行ったのよん。
トレードマークのリーゼントヘアそのままで挙式に臨むなど“奔放ぶり”を発揮。
一般人の新妻を守るために厳戒警備態勢を敷く“男気”も見せたわ。

 赤い髪のリーゼントにサングラス。
挙式・披露宴ともに團長は“オレ流”を貫いた。

 黒のタキシードにエンジのネクタイを締め、純白ドレスに身を包んだ新婦とチャペルで挙式。
リーゼントヘアに紋付きはかま姿で臨んだ氣志團のメンバー5人らからライスシャワーを浴びた。
目撃したファンによると、記念撮影では綾小路が「みんな、間から顔を出してね」と呼びかけ“ヤンキー座り”するメンバーに囲まれて幸せいっぱいの表情だった。

 何よりお祭り事が大好きなエンターテイナー。
披露宴は氣志團のヒット曲にちなみ「ONE NIGHT “WEDDING” CARNIVAL」と題し、席次表にも本名と違う「綾小路家」と記した。

 出席者も豪華な演出で盛り上げた。
徳光和夫アナウンサー(66)が司会を務め、GLAYが「HOWEVER」、森山直太朗(31)が「さくら」を披露しミリオンヒット曲の“競演”。氣志團結婚ソング「マブダチ」の演奏でわかせた。
ほかにも歌手の研ナオコ、宇多田ヒカル、中学の同級生でお笑いタレントのまちゃまちゃら300人が祝福。

 
 サービス精神旺盛な綾小路だが「(一般人の)嫁を好奇の目にさらしたくない」との一心から、式場の敷地内には徹底的な警備態勢を敷いた。
メディアやファンにも極力情報が漏れないよう、限られたスタッフだけで披露宴の準備を進行。
一般の式場見学を断り、警備員が来客の招待状をチェックするなど式場側の協力も得た。

 女性とはロンドンで知り合い、一目ぼれした綾小路が日本に連れ帰った。
ツッパリの道をひた走り「女にモテたい」と公言してきた不器用な男の演出の数々に、新妻も幸せいっぱいの笑顔を浮かべていたんだって。

いいわねえ。

絶対幸せになって欲しいわねえ。おめでとう!!

posted by ネタパラ日記 at 09:11 | 芸能ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。