2007年05月23日

初黒星の朝青龍「蹴り」に抗議殺到

 大相撲夏場所10日目(22日・両国国技館)、全勝の横綱・朝青龍に土がついた。

安美錦に寄り倒されて全勝を守った白鵬と1差がついた。

本割では春場所3日目からの連勝が22でストップ。

物言いもつかない悔しさから、花道では左足で座布団を蹴り上げて怒りを爆発させた。

全勝の白鵬朝青龍琴光喜ら4人が追う展開となった。

 体内に充満した怒りを花道に落ちた座布団にぶつけた。
左の利き足から放たれた“弾丸シュート”は花道を譲った男性従業員の下半身を直撃。
それと同時に朝青龍の叫びが響き渡った。

たしかに叫んでたわ。

朝青龍の本割での連勝が22でストップし、白鵬に1差をつけられた。

 「勝負は勝負。しようがない。あまりいい立ち合いじゃないし。でも、せめて物言いくらいつけてもらいたかったよ」

 右からの張りが緩慢だった。
安美錦が鋭く踏み込んで右を差すと腰が浮いた。
慌てて左から小手投げにいったが、右足も渡し込まれた。
逃げ場を失った横綱は重力に逆らえず、腰から土俵下へなすすべなく落下した。

 土俵下で周囲を見回したが、物言いをつける審判はいなかった。

物言いが必要な結果ではなかったわねえ。

誰が見ても朝青龍関の負けだったもの。

 座布団を蹴るという横綱の“暴挙”で、協会には取組後、抗議電話が殺到した。
春場所の稀勢の里戦で勝った取組後も、倒れた相手にひざ蹴りを見舞うなど土俵内外の品格を問う声は多い。
「横綱は悔しがっちゃいけない。自分で自分を責めなきゃいけない」。北の湖理事長(元横綱)もさすがに苦言を呈した。

 風呂場で頭も洗った横綱は悔しさをはき出した後、笑みすら浮かべた。
「あしたのことだけ。白鵬のことなんか考えてない」。
横綱昇進後、2場所連続V逸がない。
初日から負けなしで給金して優勝を逃したこともない。

11日目は25連勝中の琴光喜戦。出直すには最高の相手だ。。


強い横綱なんだから、闘志も大事だけど、もっと王者の風格を持って欲しいわねえ。

やっぱりあの八百長記事あたりから、雰囲気がダーティーな感じになっちゃったわねえ。
posted by ネタパラ日記 at 12:00 | スポーツ

2007年05月22日

「イナバウアー」の登録認めず アサヒが商標出願

  トリノ五輪金メダリストプロスケーター荒川静香さんの演技でおなじみの「イナバウアー」を商標登録したいとのアサヒビールの出願を特許庁が退けていたことが22日、分かった。

 「イナバウアー」は1950年代に活躍した旧西ドイツのイナ・バウアー選手の名前から付けられ、荒川さんの活躍で有名になった。

アサヒは昨年3月、「イナバウアー」を酒の名前に使いたいと商標登録を出願。これに対し、特許庁は「バウアーさんの承諾もない上、荒川さんの名声に便乗する行為は公序良俗に反する」などとして認めなかった。
 アサヒは「知名度の高い名称なので出願した。商品の名称としてすぐに使用するつもりではなかった。異議を申し立てる考えはない」としている。
 特許庁によると、「イナバウアー」の商標登録出願はアサヒを含め13件あったが、うち10件を既に退けた。残り3件も認めない方針。


でも一応出願してみたほうがいいのよねえ。。。

出してみて通ったらいいのよ。

あたしも昔いくつか出したけど、やっていく中でいかにとうすかがわかってくるものよ。

実行あるのみ。。。お金かかるけどね。
posted by ネタパラ日記 at 12:38 | スポーツ

2007年05月09日

愛ちゃんが「イラっときた」


卓球の女子日本代表が8日、東京・国立スポーツ科学センターで世界選手権(21日開幕、ザグレブ)に向けた強化合宿を公開したよ。
福原愛ちゃん(18=ANA)は、練習試合で史上最年少代表の14歳の石川佳純ちゃん(ミキハウスJSC)と初対戦し、3−1と貫禄勝ちを収めました。

 練習開始時にホワイトボードを見て対戦を知った福原は「ちょっとイラッときた。見せ物かって」。

まあ、あの愛ちゃんがこんなことを言うように!!

第1セットを落とすと約70人の報道陣が見守る中、63回「サー!」と大きな声を張り上げ、本気になって向かっていった。

試合後は「本番前にプレッシャーの中で戦えた。
いい経験ができた」と笑顔。

それにしてもあの愛ちゃんがこんなに大きくなって・・・
よよよ・・・。母の気持ちに・・・。


最近は石川佳純ちゃんばかりに注目が集まっているだけに、ガンバレ愛ちゃん!!
posted by ネタパラ日記 at 23:06 | スポーツ

2007年05月08日

脳梗塞」判明で気力衰え 大関栃東引退


 大相撲大関栃東(30)=本名志賀太祐、東京都出身、玉ノ井部屋=が7日、東京都足立区の玉ノ井部屋で記者会見し、「気力がなくなった」と正式に引退を表明しました。

 栃東は3月の春場所で頭痛を訴え、途中休場。

精密検査で過去に脳梗塞を患っていたことが判明し、医師から引退を勧められたという。
「(現役を)やりたい気持ちもすごくあったが、頭のことがあって前向きな気持ちになれなかった」と語った。
今後は年寄「栃東」として玉ノ井部屋で後進を指導し、父で師匠の玉ノ井親方(元関脇栃東)の定年退職後に部屋を継承する。
 栃東はおっつけ、はず押しを武器に2001年九州場所後に大関に昇進した。
新大関の02年初場所で初優勝し、序ノ口から各段すべてで優勝。肩や両ひざのけがに苦しみ大関から関脇に2度落ちたが、史上初めて2度とも復帰した。春場所まで大関を30場所務め、優勝3回を記録した。

強い力士なのに病気が元で引退するのは惜しいわよね。

残念だわ。
今後は親方として後進指導で頑張っていただきたいわね。



posted by ネタパラ日記 at 23:44 | スポーツ

メイウェザー5階級制覇!デラホーヤに判定勝ち

ねえみたみた?6日WOWOWで生放送した世紀のタイトルマッチよ。

 【ラスベガス(米ネバダ州)5日AP】世界ボクシング評議会(WBC)スーパーウエルター級タイトルマッチ12回戦は5日、当地で行われ、挑戦者のフロイド・メイウェザー(米国)がチャンピオンオスカー・デラホーヤ(米国)に2−1の判定で勝ち、5階級制覇を達成した。

 体格に勝るデラホーヤがやや優勢だったが、WBCウエルター級王者のメイウェザーが中盤以降にスピードで圧倒。

採点は2人のジャッジが116−112、115−113でメイウェザーの勝ち、残る1人は115−113でデラホーヤを支持した。
 中量級のスーパースター同士が激突した一戦は、史上初の6階級制覇の実績を持つデラホーヤに2500万ドル(約30億円)、メイウェザーに1000万ドル(約12億円)のファイトマネーが保証された。

さすが6階級制覇と5階級制覇のかかった世紀の試合よね。

ファイトマネーも破格よ。

スピードテクニックも迫力も凄まじかったわよ。

惜しむらくはKO決着しなかったことよね。

あの迫力はもう漫画の世界よ。


posted by ネタパラ日記 at 23:40 | スポーツ

2007年05月07日

“ヒョウ柄”浦田&鈴木が頂点に

23285_c350Ycq.jpg 
この写真の優勝した浦田聖子ちゃんも美人よねえ。。。

ビーチバレー国内ツアー第2戦、東京オープン最終日は6日、台場ビーチで行われ、今季からコンビを組む浦田と鈴木は注目のヒョウ柄水着で頂点に立った。

浦田のジャンプサーブと巧みなレシーブ、鈴木のブロックがかみ合い、準決勝で話題の浅尾美和ちゃんの組を一蹴。

決勝も危なげない試合運びでストレート勝ちした。

浅尾美和ちゃんも自分を負かした人たちが優勝なんだから少しは納得できたんじゃあないかしら。。。

でも余計悔しいのかな?

posted by ネタパラ日記 at 11:39 | スポーツ

号泣!浅尾美和 準決勝ヒョウ柄に敗退

ビーチバレーでざーんねん!!惜しくも準決勝で敗れた浅尾美和ちゃんは会見で悔し涙 ビーチの妖精が、お台場ビーチで号泣した。

かわいそう!!大注目だったのに!!


 敗戦が決まった直後、浅尾はタオルで顔を覆ったまま控室へと直行、部屋の外まで響く、アイドルの号泣。

ワーー相当悔しかったのね。

泣けちゃいそう。。。

両手と両ひざを地面についたまま動けず、コンビを組む西堀と泣き続けた。

1時間後、周囲に促されて会見場に現れたが、悔し涙は止まらなかったんだって。

泣くだけ泣いたら次にトライよ!!


応援してるわ!

posted by ネタパラ日記 at 11:18 | スポーツ

走り込む松坂大輔,試行錯誤続く

ノーコンがなおらない米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手は5日、当地でのツインズ戦の前に球場で走り込んだよ。

前日同様、外野でのダッシュを繰り返すなどの調整について、「走れているという感覚はある。

(日本時代と)同じようにやることで、不安がなくなればいい」と話し、制球難が続く投球内容からの復調に期待を込めた。

 制球に大きな影響を与えるとされる下半身の鍛え方、調整法で試行錯誤が続くが、「こういうことも新鮮というか、気持ちが良いかもしれない。
特に悩んではいないし、やれることをしっかりやると考えている」と、前向きに語った。 

本当は悩んでいるんだろうけど、前向きに行動しているのよね。

絶対に復調して欲しいわ。

頑張れ松坂ちゃん。
posted by ネタパラ日記 at 10:42 | スポーツ

2007年05月03日

浅尾美和人気で前売りチケット売り切れ

47_pfuln20070429004004001.jpg371efe9c7f5e274ab178945f746ee945.jpg

美人かわいい浅尾美和ちゃん目当ての観客でいっぱい!?

ビーチバレーの国内ツアー第2戦、東京オープン(4〜6日、台場ビーチ)の前売りチケット(S席4000円、A席2000円)が1日、完売したんですって。

グラビアなどで活躍する浅尾美和ちゃん(21=ケイ・ブロス)の人気で、西堀健実(25=同)と組んで出場する5日の本戦初日、6日の最終日の各500枚、合計1000枚がこの日までに売り切れた。
これってすごいことですねえ。
だって、ビーチバレーですよ。

 「当日券が出ないなんて異例のこと」と関係者が驚くほどの人気ぶりなのです。

今大会は、第一人者の小泉栄子(33)、田中姿子(31=ともにフリー)組が中国上海大会出場のため不在で、第1シードとして臨むだけに、初タイトルの期待も懸かっている。

順当なら6日の準決勝でヒョウ柄水着の浦田聖子(26)、鈴木洋美(28=ともにウィンズ)組との初対戦の可能性もあり、話題を呼びそうだ。


posted by ネタパラ日記 at 01:12 | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。